水洗顔で汚れは落ちる

洗顔料はもういらない!?

宇津木式ではそもそも洗顔料(界面活性剤)を使わないほどの汚れが自然につくとは考えません。皮脂もお湯で落ちるってことです。

水洗顔で洗いすぎを防ぎ、潤いを守る!

洗顔やクレンジングが肌に負担をかけているというのは周知のとおり。 脱脂力の強い洗顔料を使えば当然、肌は乾燥します。実際、顔を洗った後はつっぱり感があるのが普通ですからね。

そこで水洗顔です。洗顔料を使わず水やぬるま湯で顔を洗うという実にシンプルな方法です。

@ ぬるま湯(34〜35度)を用意する
A 両手で水をすくいそのなかに顔をいれる
B お湯を押し付けては話すを繰り返す。擦らないこと

特に難しい決まりはないので、ぬるま湯を使うことと擦らないということだけを守ってくれればOKです。 はじめの2週間ぐらいはヌメりが気になると思いますが辛抱してください。時期に落ち着いて気にならなくなります。

水洗顔Q&A

Q1.洗顔料を使わずに本当に汚れは落ちますか?
肌にダメージを与えるので必ず落とさなくてはいけない皮脂が酸化した過酸化脂質は水溶性なので水だけで落とせます。汗や余分な皮脂、肌に付着した汚れは 34〜35度のぬるま湯に溶けて洗い落とせるようになっています。心配は無用です。

Q2.古い角質や毛穴のなかの汚れは落ちますか?
取れません。その証拠に水洗顔を続けていくと毛穴から角栓が飛び出してきて顔中がボコボコになります。これは毛穴汚れが溜まって溢れた証拠です。 肌の状態が悪化したように思いますが肌の自浄作用が働くようになるための通過儀礼です。不安になりますが、そのまま続けることで毛穴汚れなどが気にならない肌に変わってきます。

Q3.ニキビがひどいです。水洗顔は効果ありますか?
ニキビは皮脂が原因だからと頑張って取り除けば取り除くほど、余計に皮脂が出てくるというのはご存じだと思います。ニキビにおいても肌を乾燥させない ということは大事ですので、水洗顔なら必要以上に皮脂を奪うこともなく洗顔方法としてはうってつけです。なお、炎症を起こしている場合は皮膚科に行ってみてもらってください。

「宇津木式スキンケアQ&A」に関する記事一覧

純石鹸ってどんな石鹸ですか!?

肌への負担を考えたなら自然原料だけでつくられている純石鹸が安心です。スキンケアにどうやって活かすのか。その方法について。

ワセリンの選び方・使い方

安全安心の保湿剤といえばワセリンです。精製度によってレベルがあるのでそれを知っておくことが大事です。使い方にもコツがあります。

マイクロスコープで肌診断

化粧品で肌ツヤ感やしっとり感をごまかされないようにするには自分で肌の状態をチェックするのが一番。そのための便利グッズがこれです。