脱ケミ・ノンケミ

肌への優しさを追求すると行きつく答えの1つ

合成界面活性剤、防腐剤、合成香料etc...。肌に悪影響を与えるものを含まないスキンケア化粧品を使いたいという人は多いです。

肌の負担を考えるとノンケミカルが安心!?

脱ケミ・ノンケミというのは、化学物質を配合している化粧品をやめましょうというスキンケアの考え方です。

合成界面活性剤、合成ポリマー、防腐剤etc...こういった化学物質は肌にとって刺激になったり、アレルゲンになります。細胞間脂質を溶かしてしまうので 肌にとっていいわけがありません。だからこうした成分を含んでいない無添加化粧品やオーガニックコスメや自然派化粧品を使いましょうというわけです。

「化粧品を使うのはやめられないけれど、どうせ使うなら肌にやさしいものを使いたい!」というニーズは高まっているのは間違いなく、敏感肌化粧品でなくとも 多くの化粧品ブランドはできるだけ無添加(=ノンケミカル)の方向へと舵を切っているように思います。

ただ、ノンケミカル化粧品の特徴としては、ケミカル化粧品に比べると使い心地が悪かったり、作用が弱めなのが使っていてストレスが貯まることがあります。

効果と低刺激を兼ね備えたノンケミカル化粧品がないというのが脱ケミ・ノンケミ派の悩みではないでしょうか?

無添加や天然成分だから低刺激ではない!?

無添加や天然成分という表示を気にして化粧品を選ぶときに気をつけたいのが無添加という表示は案外当てにならないこと、 そして天然成分だから安全という根拠は何もないということです。

化粧品の原料には天然成分から抽出したものと化学的に合成したものとがあるわけですが毒性や安全性に差はありません。

例えば皮膚科でよく処方されるワセリンは石油から化学的に抽出されたものですが非常に安全性が高くかぶれることはまずありません。 一方で天然成分といえど植物成分のいくつかはアレルギー反応を引き起こしたり、肌がかぶれる原因になります。

そのため「天然成分=肌にやさしい」というキャッチコピーやイメージには嘘があるということです。

無添加についても界面活性剤、香料、防腐剤、鉱物油、アルコールが配合されてない化粧品が「無添加」掲げていますが、本当に無添加ならば腐りますし、 品質も低下するものです。しかし、実際そういうことがないことを考えるとが特定の成分は使っていないけれど同じ働きをする別の成分が入っているということです。

それが刺激になるのか、アレルギーを引き起こすかは使ってみないとわからないところがありますけどね。 いずれにせよ、無添加や天然成分といったところで安心できないのが化粧品だということです。

「シンプルな保湿ケア」に関する記事一覧

ガッテン塗りについて

NHKためしてガッテンで紹介されたカサカサ乾燥肌を改善する驚くほどシンプルは保湿方法の詳細。重ね塗りスキンケアは逆効果!?

肌は甘やかしてはダメになる!?

肌をたっぷり甘やかしたほうがいいのか、それとも鍛えるために何もしないほうがいいのか。当サイトの意見はこんな感じです。

アトピー性皮膚炎と脱保湿

アトピー性皮膚炎の治療も保湿依存症というものがあるそうで、その反動で脱保湿という治療方法が注目されているようです。

角質培養(垢ため)について

肌をこすらない、洗いすぎないスキンケア方法というとこの方法が思い浮かんだ人も多いはず。肌状態を改善させる方法として有名です。