アトピー性皮膚炎と脱保湿

乾燥肌かと思ったらアトピー皮膚炎ということも...

いろんな因子が絡み合ってアトピーは発症するわけですが、普段のスキンケアと関係あるという話もありますよね。

アトピー性皮膚炎とは何ですか?

乾燥肌や敏感肌に悩んでいる女性は非常に多いです。これにはいろいろな理由が考えられますが当サイトでも取り上げているように 間違ったスキンケアが肌のバリア機能を壊していることと無関係ではないでしょう。

そんな肌バリア機能の低下が行き着くところまで行ってしまったのがアトピー性皮膚炎です。生まれつきのアトピー体質だという人もいれば 大人になってから急に発症する人もいます。

アトピー性皮膚炎は極端に肌のバリア機能が低下しているため、乾燥はもちろん、かゆみや痛み、発疹などがひどい状態になります。

治療法としては根本的に治す方法はないので、とりあえず症状をコントロールして落ち着かせることが治療のゴールになります。かゆみや炎症は ステロイド外用薬で止めて、徐々に弱い薬に変えていきながら最後には保湿剤のみで症状をコントロールできれば御の字という感じです。

しかし、こうした確立されたアトピー治療に対しても疑問を感じる人はいて、そういう方たちに注目されているのが脱ステ・脱保湿というステロイドや保湿剤を使わないアトピー治療なんです。

このページではなかでも脱保湿について詳しく取り上げようと思います。

アトピー性皮膚炎に対する脱保湿というアプローチ

最初にいっておきますが脱保湿は賛否両論です。アトピーが良くなったという人もいれば悪化したという人もいますし、アトピーの治療方法は 確立しているんだから脱保湿なんて邪道な方法はやる必要がないという人もいます。

脱保湿はその名前のとおり、保湿剤を止めることです。

アトピー性皮膚炎はバリア機能が低下しているため保湿剤を塗ってそれをカバーしてあげないといけないというのがいわば標準治療の考え方です。 しかし、脱保湿はそうやって常に肌を湿った状態にしておくことが保湿依存症をつくり、アトピー肌の回復、つまり皮膚の健全な回復を妨げていると考えます。

そのため保湿剤を塗るのを止めるわけですが、乾燥肌の人が肌断食をするのとは比べものにならないぐらいアトピー肌の脱保湿は辛いそうです。 肌はガピガピ乾燥するし、かゆみも半端ありません。苦行だという人も多いです。

しかし、それを乗り越えるとアトピーに負けない肌が育まれているとかなんとか。なんかもう宗教的な話になってきます。

肌断食やガッテン塗りのようにちょっと今日からやってみようと気軽にできるものではないので、アトピー肌の脱保湿についてはかならず専門医の 指導の下行ったほうがいいです。自己流でやってしまうといざというときパニックになると思うので。

「シンプルな保湿ケア」に関する記事一覧

ガッテン塗りについて

NHKためしてガッテンで紹介されたカサカサ乾燥肌を改善する驚くほどシンプルは保湿方法の詳細。重ね塗りスキンケアは逆効果!?

肌は甘やかしてはダメになる!?

肌をたっぷり甘やかしたほうがいいのか、それとも鍛えるために何もしないほうがいいのか。当サイトの意見はこんな感じです。

脱ケミ・ノンケミについて

ここ最近は肌にやさしいメイクアップ用品やスキンケア化粧品を使う人が増えています。自然原料でない化学成分は嫌われる傾向にあります。

角質培養(垢ため)について

肌をこすらない、洗いすぎないスキンケア方法というとこの方法が思い浮かんだ人も多いはず。肌状態を改善させる方法として有名です。