肌断食の副作用?

肌がボロボロ、カサカサ。これって副作用!?

肌断食をおこなうと一時的に肌表面の状態が悪化することがありますが、なんてことはない、それが本当のあなたの肌の状態です。

肌断食で肌の本当の姿が露わになる!

肌断食をはじめると化粧水やクリームによるごまかしが一切なくなるため、本当の肌の状態がむきだしになります。

バリアが壊れたボロボロの肌がむきだしにされると乾燥するのはもちろん、粉も拭きますし、細かなシワも目立ってきます。 肌色にもムラがありますし、肌表面がガサガサになり、硬く非常に手触りが悪くなってしまいます。

こうなると、多くの人が美肌になるからと肌断食をはじめたのにむしろ悪化してしまった!と大騒ぎしてしまう人が多いみたいなんですね。

これは別に肌の状態が悪化してしまったのではなくて、これまで美容液やクリームの成分で肌表面を覆って隠れていた肌の本当の姿が露わになっただけです。 にもかかわらず、ほとんどの人はここで普段のスキンケアをやめたからだとか、肌断食は私には合わないと考えてしまうみたいなんですね。

食事を断つほうの断食をした人はわかると思いますが、はじめてしばらくすると頭痛がしたり、気分が悪くなったりします。 これは好転反応というもので体が変化している兆しでいたって正常なことなんですが、体がおかしくなったとパニックになる人がいるんです。

これまでの習慣をガラリと変えるときは体にとって負担がかかったり、これまでのクセがでて苦しい思いをするものです。 ダイエットのために食事を減らして運動しようとしても最初のうちは辛いのと一緒です。

決して肌に合うとか合わないという問題じゃないということです。

いずれにせよ、肌断食をはじめて肌の状態が悪化してもそれは副作用でもスキンケアをサボってしまったからでもなくて、 新しい健康な肌のバリア機能が回復するまでの好転反応みたいなものです。

この時期を乗り越えれば肌の状態は落ち着いて乾燥も収まってくるはずです。

どうしても乾燥が気になる部分にはワセリンを使う

ワセリンは皮膚科の治療でも用いられる肌にとっては安心安全の油分です。

肌断食をはじめてどうしても目元が乾燥してしまうとか、チクチク・ぴくぴくする部分があるという場合はその部分にだけワセリンを使います。肌を保護して乾燥や外部刺激から守ってくれます。

このワセリンは薬局に行けば打ってますが純度によって色が違います。より純度が高く精製度が高いものは白色をしています。そのため白色ワセリンというのを使うようにしてください。

「宇津木式スキンケア&肌断食」に関する記事一覧

注目!肌断食のやり方

従来のスキンケアの常識とは真逆のお手入れ方法である宇津木式スキンケアの全貌と週末を利用してお肌を休ませる肌断食について。

肌断食の効果はどれぐらいで実感できる!?

メイクもスキンケアもすべて断って肌の状態が落ち着き、何もいらない状態になるまでどれぐらいの日数がかかるか?について。

肌断食中のUV対策はどうする?

肌に何もつけてはいけないということは日焼け止めもその対象になるんでしょうか?それであれば紫外線対策はどうすればいい?

メイクはもう一生できなくなるの?

何もつけてはいけないスキンケアの場合、女性の楽しみでもあるメイクもあきらめないといけないのか、そのあたりを詳しく。

肌断食【肯定派】vs【否定派】

従来のスキンケアに真っ向に刃向うため何もつけないスキンケアにはアンチも多いです。肯定派と否定派の意見を比較しました。