髪も体も洗わないのが1番いい!?

肌がそうなら髪も体も洗わないのが1番!?

何もしないことが肌にいいということであれば、頭皮も顔以外の皮膚も同じことですよね。ということは髪も身体も洗わなくていいってことでしょうか?

美髪の秘訣はシャンプーしないこと!

スキンケアと同じくらい「何かしないと不安」になるのがヘアケアだと思います。シャンプー、リンス、コンディショナー、トリートメントetc。

「手をかければそれだけ髪はきれいになる」と思いたいところですが、ヘアケア用品の成分をみれば化粧品以上に界面活性剤まみれですから使えば使うほどトラブルが増えそうというのは予想できます。

当然、シャンプーなんかしないほうがいいという人もいてシャンプーをやめたら「髪が元気になった」とか「若返った」という人は多いですよね。

育毛業界では有名な話ですが作家の五木寛之なんかは1年に4回しか髪は洗わないそうです。それで充分だそうで髪が弱くなるどころかふさふさです。

育毛とは関係なくても髪や頭皮にやさしい生活を送ろうと思ったら、シャンプーも止めたほうがいいのは確かです。完全に止めるのは無理でも毎日髪を洗うというのは 頭皮を乾燥させますから年齢を重ねるほど負担が大きいというのは間違いないです。

シャンプーやリンスを使わず、お湯で洗髪する「湯シャン」する人が増えているというニュースもみたことがあるので、ヘアケアにおいても何もしないケアが静かなブームになりつつあるのかもしれません。

毎日、体を洗えばそれが乾燥肌の原因になります。

肌をこすったり、洗いすぎるとバリア機能が壊れて肌トラブルの原因になるというのは体でも同じです。 毎日のお風呂で体をゴシゴシ洗っている人は間違いなく乾燥肌だと思います。

皮膚の構造は顔も体も同じですからこすったり、洗いすぎれば皮脂など保湿因子が流されてしまうのでうるおいを維持できなくなります。 ワキや股間など汚れやニオイがこもる部位を除けば、体はいちいち石鹸を使って洗うという必要さえ本来はないんです。

お湯で洗い流すだけでも汗や汚れは充分、落すことができます。

それからお風呂に長湯するのも皮膚にとってはよくありません。

皮膚にとって水分が大敵なのは何度か説明したとおりですし、お湯の温度が体温を超える温度になると皮脂が溶け出すともいわれています。 いずれにせよお風呂上りの肌は乾燥しているはずです。

肌のことを考えるとお風呂は毎日入るものではなく、2〜3日に1回で充分。ぬるま湯のシャワーのほうがいいです。 お風呂上りに肌が乾燥する場合はワセリンを塗っておきましょう。

「スキンケアの理解を深める知識」に関する記事一覧

女性より男性のほうが肌はきれい!?

何もつけないスキンケアで美肌になれるならきっと女性より男性のほうが肌がきれいなはず。男女の肌の違いについても詳しく解説します。

規則正しい生活習慣が大前提

どんなスキンケアをするのであれ、その土台には毎日の生活習慣があります。ここを疎かにすればどんなお手入れも徒労に終わります。